FC2ブログ

OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト

白鳥哲の映画製作や、上映情報など、様々な情報を発信していきます
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画『蘇生』
CATEGORY ≫ 映画『蘇生』
      
検索フォーム
プロフィール

OFFICE TETSU SHIRATORI

Author:OFFICE TETSU SHIRATORI
映画監督・俳優・声優として活躍する白鳥哲の事務所
株式会社OFFICE TETSU SHIRATORI
2014年7月設立
代表取締役社長:白鳥哲
所在地:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731
FAX 0467-87-6732
浅草橋ルーム:東京都台東区浅草橋3-29-4
事業内容:映画製作・配給/書籍・DVD・CD製作・販売/イベント企画・開催/地球蘇生プロジェクトの推進・情報発信

【個人情報の取り扱いについて】
(留意事項)個人情報に関して: 各件の目的外に利用、及び了解なく第三者提供いたしません。

QRコード
QR
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  

映画「蘇生」予告編(1分)

スポンサーサイト



映画「蘇生」予告編(2分)

映画「蘇生」メイキング

映画「蘇生」ご感想



映画「蘇生」完成披露試写会

映画「蘇生」各界著名人コメント

あの東日本大震災から、4年を迎えますが、
その惨劇から人類として本当に大切なことを、日本のみならず世界中が気づいたことが、この僅かの歳月の間に忘れさられようとしています。
しかし、この映画にかける、「人間・白鳥哲」の覚悟と勇気ある行動によって、いま一度、人類みなの未来とって大切な真実とは何かが見えてきます。
熱く共鳴受信し、本当の覚悟と勇気をもらいました。

全脳活性 超・脳トレプロデューサー 山岡尚樹




「一地球の生命体として、共に地球蘇生へ向けて行動していきましょう」
白鳥監督のメッセージは、日本人が心をひとつにしていく重みのある言葉です。
地球が蘇生していく、、その大きな可能性を持っているのが微生物です。
EMの研究第一人者である比嘉照夫先生が切り開いてきた微生物による環境改善は、放射能を軽減していくことにも大きな成果をあげているそうです。その大きな可能性に賭けようとなぜ動かないのか。不思議です。
マレーシア、インドネシア、タイでは、国をあげて微生物による環境改善、農業に取り組みはじめているそうです。すばらしいですね。

比嘉先生の言葉が胸に刺さりました。
「覚悟をすると、勇気がでます」
そう、覚悟。覚悟です。
だから、本気にならなくてはならない。
本気で取り組んで、何かあれば本気で責任をとる。
覚悟して、本気になって、勇気をもって行動するからこそ、本気の仕事ができる。
比嘉先生の覚悟、そして地球蘇生への呼びかけを勇気を持って映像化した白鳥監督の覚悟に、胸が熱くなる思いです。
私たちにできることは、、、、発酵食品を多く食べること。
そして、汚さないこと。
そして、一地球生命体であることを自覚し、
環境に対して責任があることを自覚することです。
ひとりでも多くの方に観ていただきたい!

作詞家 吉元由美




白鳥監督の新しい映画、蘇生。
いい映画だった。
比嘉照夫さんとは、20年ぶりで会う。
白鳥哲監督のメッセージが熱い。


環境意識コミニケーション研究所代表 柳瀬宏秀





福島や地球への愛を感じました。
福島のことを忘れてはいけないと思いました。
3月11日に蘇生の試写会に来れたのには意味があるような気がしました。

鍼灸師 森美智代


『祈り~サムシンググレートとの対話~』や『不食の時代~愛と慈悲の少食~』など隠されている真実を取り上げている白鳥哲監督の最新作「蘇生」は福島の放射能問題から環境汚染への問題提起をしている。微生物による蘇生は日本の比嘉照夫先生の微生物が日本よりも世界で実践され、素敵な結果を出されている。人間は地球を汚す存在なのか。今、何をするかを問いかける素敵な作品である。

精神科医 宮島賢也


白鳥哲監督の最新作「蘇生」を観賞する機会を頂きました。
本当に素晴らしくまた貴重な情報でした。
世界の意識を変えるきっかけになった映画「Thrive」のように、
本映画「蘇生」も、放射能の浄化、自然農法、自然医療、地球環境保全再生のために私たちが是非とも知り、共有したい情報、希望、メッセージが明確かつ力強くまた美しく伝わる作品になっていると思います。具体的には、普段、気がつきにくい微生物に私たちが本当にお世話になり、恩恵を頂いていることが具体的に示され、またさらなる有効活用の実例も力強く示されています。新しい事実や方法を知ることは新たな希望を得ることでもあります。あらためて、皆様やまわりの方に是非、見て頂きたいものだと確信しています。時間を作れる方はお誘い合わせの上、劇場に足を運んで下さり、情報共有して下さればと思います。
白鳥哲監督を始め関係者の皆様、支えて下さっている皆様に心から敬意を表し、感謝します。


弁護士・医学博士 秋山佳胤




『祈り~サムシンググレートとの対話~』や『不食の時代~愛と慈悲の少食~』など隠されている真実を取り上げている白鳥哲監督の最新作「蘇生」は福島の放射能問題から環境汚染への問題提起をしている。微生物による蘇生は日本の比嘉照夫先生の微生物が日本よりも世界で実践され、素敵な結果を出されている。人間は地球を汚す存在なのか。今、何をするかを問いかける素敵な作品である。

精神科医 宮島賢也


「人は何故祈るのか」をテーマにした前作『祈り~サムシンググレートとの対話~』が静かなブームを呼び、ロングランを記録した白鳥哲監督の新作『蘇生』のテーマは「人類は地球をどこまで汚染し続けるのか」。
監督自身が福島県内を撮影中に強い危機感を覚えた原発事故による放射能汚染問題が起点となり、一つの解決策として辿り着いた「微生物による蘇生」を徹底的に取材した正に「入魂の一作」です。試写会の冒頭で白鳥監督は私たちに熱く語りかけました。環境問題、食糧問題などが深刻化しているのに、「自分さえ良ければいい」「人間さえよければいい」と72億を超える人間がこのまま暴走し続けていいのでしょうか?いろいろ考え方に相違はあるでしょうが、一度頭を空っぽにしてこの映画を見てください。確かに、見終わったあと救いの道が存在することを知り勇気が沸いてきた。白鳥監督はじめ、多くの登場人物たちが、ある意味で映画の主役である「微生物」に敬称をつけて「微生物さま」と呼んでいるのが印象的だった。そしてもう一人の主人公、有用微生物群研究の第一人者である琉球大学名誉教授・比嘉照夫さんの素敵な笑顔にも魅せられた。

NHK衛星映画劇場 支配人 渡辺俊夫 



地球の未来に希望をつなぐ素晴らしい映画、必見です!
渋谷のUPLINKというきわめて個性的な映画館で、白鳥哲さん監督による映画「蘇生」を見ました。有用微生物群をうまく活用することによって、放射能汚染を劇的に減らしていけるばかりではなく、病気にならない健康体をも得ることができる。しかもその科学的研究が何年も前から日本人の学者(比嘉照夫さん)によって始められ、その成果がいまや世界中に広がり始めている。この事実を、誰もが知る必要がある、そう思います。
ラストの数分間は涙が止まらなくなりました。地球の未来に大きな希望の光が差し始めていることに感動したのでしょう。まだ上映しています。ぜひお近くの劇場に足を運び、その感動をシェアしていただきたいと思います。

生体エネルギー研究家 ほおじろえいいち

上映主催者の声

【映画『蘇生』上映主催者の感想】
●私達人間のエゴ、傲慢さ、貪欲さを見せつけられると共に、微生物など生き物すべてを含めた地球の強さ、したたかさ、しなやかさが圧倒的な迫力を持って迫ってくるような印象を受けました。

私のため、人間のためだけではなく、地球のためにどういう意識でいるべきなのかを、考えさせられました。

●遠いところは、わざわざ愛知から、
「リーディング」を直近見て、ぜひ「蘇生」がみたいとお越しになった方がいらっしゃいました!

上映後も、皆さま名残惜しくしてくださる方がいて本当にやってよかったと思っております。

私も3年ぶり6回目の「蘇生」です。
3年経ち私も農業関係の仕事について、他国の樹木や農作物も絶滅していることを知りました。今回また改めて拝見して、微生物の大事さを思い知りました。

比嘉先生とMOAさんたちが繋がってEMが宗教扱いされていることも仕事で知りました。
EMがあくまで有用微生物群の総称であること。有用微生物が大事であること、もっと私も「上手く」伝えていけるよう、頑張りたいと思います。

●微生物に興味を元々持っているマニアックな方も多かったですが、途中メモを取られたりして実りのある映画でした。
懇親会ではふだん公で話せない話を共有できたりして、その機会を作れたことも映画のおかげだと思います。
大変ありがとうございました。

●何度見ても気づきを与えてもらえる映画、それが『蘇生』だと思います。
今回は初めての方が大半でしたので、相当衝撃を与えたものと思います。

●上映終了後、皆様から拍手が起こり、それぞれ満足そうなお顔をしておられました。初めて見る弊社のスタッフにも良い機会になったと思います。
今回、遠くは石川県からご来場のお客様もありました。白鳥監督の作品を是非見たいという熱意を感じるお客様でした。この方のことだけを考えても、開催することができ本当に良かったと感じます。
当日、お仕事で欠席の方と、お子様の発熱でご家族で欠席の方がおられました。それ以外にもまだご覧になりたいと仰るお客様もいらっしゃいます。是非2回目、3回目の上映会、また、リーディングや祈り他の上映会も企画したいと感じました。

●地域の役員より、この映画は、本当に感動した。是非大勢の人に見て貰いたい。
想像もつかなかった微生物のすごい世界を知って驚きと感動、もっと真剣にEMのことを勉強したい。
「蘇生」の上映から、白鳥さんと比嘉先生の対談、最高!
白鳥さんの熱い思いがビンビン心に響きました。感動です。本当に来てよかったです。

●本当に起こっている真実は、理解した人が発信することが大切ですね。

私がこの映画を通して来場してくださる方に伝えたかったことは、"見えないけれど在るもの"
私たちの命の根底にあるものに対しての畏敬の念と心からの感謝の気持ちを日々持ち続けることの大切さでした。

ご来場された方も新たに"知る" 真実に感動されていました。

何故良いことが教えられないのかという疑問には白鳥監督の北条でのお言葉をお伝えいたしました。

素晴らしい作品を有難うございました。
また、他の作品のこじんまりですがご来場くださった方といろんなお話をしながら上映会もできたらと思います。
益々のご活躍をお祈りいたします。

●観るたびに内容がよくわかってくる。

●業者の方
「よくまとめられていて、良い映画だった。見れて良かった。」
と言って下さいました。


岡山からも見に来て頂けました。

EMが良いと知っていて、生活に取り入れていますが、映画を見て、更にEMの良さを強く確信が持て嬉しかった。

EM生活続けます。感謝します。

比嘉教授の「覚悟を決める」この言葉に感動をした。生きる上で自分で覚悟を決め、やり通す。揺るぎ無い心を持つ大切さ。感動しました。

●上映終了後、皆様から拍手が起こり、それぞれ満足そうなお顔をしておられました。初めて見る弊社のスタッフにも良い機会になったと思います。
今回、遠くは石川県からご来場のお客様もありました。白鳥監督の作品を是非見たいという熱意を感じるお客様でした。この方のことだけを考えても、開催することができ本当に良かったと感じます。
当日、お仕事で欠席の方と、お子様の発熱でご家族で欠席の方がおられました。それ以外にもまだご覧になりたいと仰るお客様もいらっしゃいます。是非2回目、3回目の上映会、また、リーディングや祈り他の上映会も企画したいと感じました。













映画「蘇生」上映記録

映画「蘇生」上映記録

2018年4月までの上映記録は↓
http://officetetsushiratori.com/film-schedule.php

【2018年5月~】

2018/11/29 Germany
2019/5/24  Germany
2019/8/18  Germany
2019/11/15  Australia
2020/2/9  USA
2020/2/16  Germany
2020/2/19  Germany
2020/2/23  Australia
2020/3/1  France

2018/5/19 東京都 代々木教室(ブラーマクマリス)
2018/6/24 東京都 株式会社クリックネット
2018/7/1 福岡県 えーるピア久留米
2018/7/22 愛知県 愛知県尾張旭市 ヒダ耳鼻咽喉科
2018/7/9 北海道 運河プラザ3番庫
2018/8/31 大阪府 天劇キネマトロン
2018/8/18 山口県 シネマ・ヌーヴェール
2018/9/29 茨城県 石岡市民会館
2018/10/13 東京都 銀座てらす
2018/10/20 愛媛県 北条ふるさと館2階ホール
2018/10/23 愛知県 "株式会社EM生活3階会議室"
2018/12/1 山口県 個人宅
2018/12/10 島根県 ビッグハート出雲 白のホール
2018/12/11 岡山県 うどんおよべ店
2018/12/14 石川県 西谷公民館
2018/12/14 石川県 加賀市公民館連合会
2019/1/13 香川県 平賀本町自治会館
2019/1/21 東京都 冷えとりショップ「繭結」
2019/2/17 茨城県 ワークプラザ勝田研修室2
2019/2/22 長野県 WEST
2019/3/3 東京都 立川ホール
2019/3/3 東京都 新宿オアシスハウス
2019/3/21 青森県 "八戸ポータルミュージアム はっちシアター 2"
2019/4/8 東京都 ステーションポートタワー7F
2019/4/13 東京都 練馬区産業プラザ ココネリ3階研修室1
2019/4/27  Germany
2019/5/2 東京都 大久保サロン
2019/5/11 兵庫県 "宍粟防災センター2階アースシアター"
2019/5/26 東京都 新宿オアシスハウス
2019/6/9 神奈川県 アミュー厚木 6F会議室601
2019/6/14 岐阜県 にっこにこサロン
2019/6/28 東京都 Ones神宮前
2019/7/20 静岡県 グランシップ 2階 映像ホール
2019/8/11 東京都 Studio MUSUBI
2019/9/7 大阪府 智光教会
2019/9/7 東京都 HIRYU
2019/9/28 愛知県 "ウインクあいち"
2019/9/27 東京都 新宿オアシスハウス
2019/10/13 東京都 Studio MUSUBI
2019/10/18 千葉県 金田地域交流センター多目的ホール
2019/10/25 三重県 風の庭
2019/11/3 岐阜県 オーガニック カフェ 嘉利(かりぃ)
2019/11/17 東京都 和光大学ポプリホール鶴川 多目的室
2019/11/19 山口県 冨永酒造株式会社
2019/11/19 兵庫県 レモンハウス
2019/11/23 千葉県 古民家空間風楽
2019/11/23 東京都 Studio MUSUBI
2019/12/14 東京都 渋谷区 氷川区民会館
2019/12/15 大阪府 アトリエhygge
2019/12/21 東京都 新宿オアシスハウス
2020/1/4 長野県 個人宅
2020/1/19 広島県 福山市すこやかセンター多目的ホール1F
2020/1/19 神奈川県 二宮町生涯学習センター(ラディアン)ミーティングルーム2
2020/1/22 秋田県 湯沢市ふるさとふれあいセンター かしま館 和室
2020/1/25 埼玉県 "越谷コミュニティセンター視聴覚室"
2020/2/11 大阪府 ユー・アイ光明会
2020/2/12 東京都 シェアビズ渋谷Blossom
2020/2/17 滋賀県 堀内自宅
2020/2/22 大分県 中島中央公民館
2020/2/22 長崎県 "長崎県諫早市多良見町諫早市たらみ図書館"
2020/2/28 神奈川 うみかぜテラス多目的室AB
2020/3/8 神奈川県 茅ケ崎湘南癒しのヒーリングスペース
2020/3/16 埼玉県 会社OKUTA
2020/3/21 京都府 京都教育文化センター
2020/3/22 富山県 "富山市芸術文化ホールハイビジョンシアター"
2020/3/28 広島県 福本氏宅
2020/3/29 兵庫県 ありまホール
2020/5/31 大分県 厳浄寺
2020/7/23 島根県 ビックハート出雲 白のホール
2020/8/2 千葉県 柏市民交流センター



2018/4/30までの上映記録は↓
http://officetetsushiratori.com/film-schedule.php



【2018年5月~】
2018/5/19 東京都 10 名
2018/6/24 東京都 29 名
2018/7/1 福岡県 31 名
2018/7/9 北海道 51 名
2018/8/31 大阪府 17 名

映画『蘇生』 | Comments(-) | Trackbacks(-)