FC2ブログ

OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト

白鳥哲の映画製作や、上映情報など、様々な情報を発信していきます
TOP地球蘇生プロジェクトからの呼びかけ ≫ 4月21日 一斉瞑想の呼びかけ
検索フォーム
プロフィール

OFFICE TETSU SHIRATORI

Author:OFFICE TETSU SHIRATORI
映画監督・俳優・声優として活躍する白鳥哲の事務所
株式会社OFFICE TETSU SHIRATORI
2014年7月設立
代表取締役社長:白鳥哲
所在地:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731
FAX 0467-87-6732
浅草橋ルーム:東京都台東区浅草橋3-29-4
事業内容:映画製作・配給/書籍・DVD・CD製作・販売/イベント企画・開催/地球蘇生プロジェクトの推進・情報発信

QRコード
QR
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  

4月21日 一斉瞑想の呼びかけ

地球蘇生プロジェクトでは、毎月21日に「地球蘇生プロジェクトからの呼びかけ」とし、
共に意識を一つにするテーマを発信しています。

私たちは共に意識を合わせ祈ることにより、現実に対して大きな変化をもたらすことが出来ます。
またそれは、同一時刻に行うことにより、一層の影響を及ぼします。
今起きている様々な問題について、より良き地球を作るべく共に意識を合わせていただければ幸いです。


意識は時空を飛び越えます。
呼びかけは月に1回、21日に行い、20時に意識を合わせますが、次のテーマを公開いたしますまで、今月のテーマとして思いを向けてくださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

感謝

地球蘇生プロジェクト事務局

***********************************

【今月の地球蘇生プロジェクトからの呼びかけ】


皆さん、こんにちは。白鳥哲です。


意識科学では、祈りと共に瞑想が脳の中の帯状回を分厚くすると報告されています。
脳の中で帯状回という部位は、ノルアドレナリンの分泌などを調整する役割があり
身体を整えていきます。
と同時に心を静めていきます。



私たちが呼吸を整えて瞑想をすることは、まず自らの身体を健康にしていきます。
そして、瞑想行為は自分だけでなく地域の安定化をもたらします。



1994年に行われた瞑想実験では、四千人が瞑想をしたところ、その直後から、犯罪率が低下していくことが確認されています。
また、戦争中にあったレバノンでの瞑想実験でも死傷者数が減ることが確認されています。





今月13日、アメリカ、イギリス、フランスがシリアを攻撃しました。



いかなる理由があったとしても、私たちには己の行った行為と同じだけのエネルギーが戻ってくることになります。



この出来事の如何にも、私たちの意識の力が重要になってきます。


更なる対立が生じないように、今日は皆さんと共に瞑想を行いたいと思います。





呼吸を整えて、吐く息、吸う息を静かに見つめましょう。





深く息を吐いてください。



ゆっくり吐いてください。



全てのマイナスの想念が吐き出されていきます。



息を吸ってください。



体中が新鮮なエネルギーで満たされていきます。




(しばらく呼吸を見つめ続けましょう)




全身が金色の光で包まれるのを感じましょう。
金色の光が周辺に広がり
地域全体に広がり
全ての国々に広がるのを想像しましょう。




(充分に広がるのを感じましょう)






ゆっくりとご自分の身体に戻ってきてください。





ありがとうございました。





―――――――――――――――――――――――――――

地球蘇生プロジェクトからの呼びかけにご参加くださいましてありがとうございます。

***********************************
本ブログの記事を転載いただく場合
・転載開始と転載終了箇所がわかるよう明記をお願い致します。
・転載元である本ブログへリンクを張っていただくようお願い致します。
OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト事務局
〒253-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731(月火木金10時~15時)
FAX 0467-87-6732(24時間受付)
Mail  : info@officetetsushiratori.com
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL